仕事効率で悩んだら「段取り」を見直してみよう!

あなたの仕事の段取りを見直す手がかりが見つかる情報サイト

仕事を効率的に行う上で不可欠な段取りとは

段取りと言っても、簡単に一言で片付くものではなく、その中身のみならず、関係するさまざまな要素も併せて考慮する必要があり、実に奥深いものがあります。 また、段取りを考えるプロセスを通じて、ご自身のことを見直すきっかけにもつながることでしょう。 そもそもの段取りの意味から確認していきましょう。

段取りの基本を押さえよう!

多様かつ柔軟な「働き方改革」が叫ばれるなかで、より高い成果を得るために、生産性の向上が求められています。
こうした成果主義が主導権を握るようになると、その成果を担う日常業務においても、より効率性が求められることとなります。
仕事そのものを見直すことはもちろんですが、その段取りにも改善の余地がないか、確かめる必要も出てくるでしょう。
成果を目指した仕事を行うための下支えとなる段取りは、将来得るべき利潤あるいはコスト削減効果を見据えて行われるものです。
仕事の段取りを見直すことで、業務効率が上がり、ひいては会社の付加価値向上にもつながります。

いざ仕事に取りかかるときに、直ちに仕事を始めるよりも、どのような手順や方法で仕事を進めるべきか、先に考えてから取りかかる方が能率が高い仕事ができることを認識しましょう。
段取りを考える際には、コストパフォーマンスや取り組みやすさ、スピーディーに取りかかることができるかどうかなどを比較検討することで、良い段取りに取りかかることができます。
また、これらを比較検討できる力を養うことで、段取り力を高めることにもつながります。
さらに、段取り力が高まれば、ご自身のみならず、職場の同僚や取引先、顧客など多くの方々にも直接あるいは間接的にプラスの波及効果をもたらすことでしょう。
段取り力を向上させることで、次から次へと舞い込む仕事にかかる時間をコントロールしながら、適切に処理できるようになりたいものです。

良い段取りに取りかかれる人は仕事ができる証!

仕事の成果を上げるためには、業務効率も高めていく必要があります。 その業務効率を高めるうえで、対応する段取りを常に検討しておくとよいでしょう。 良い段取りの目途が立てば、高い成果が期待できます。 仕事に着手する前に、まず段取りに取りかかりましょう。

なるべくゆとりを確保した日程で仕事の実行可能性を判断する

仕事は必ずしも定型的とは限らず、納期の変更など、むしろ変化が多いものです。 こうした流動的な要素も加味したうえで、スケジュールが組めれば、突発的な場面にも臨機応変に対応できます。 仕事全体をできるだけ分割して、余力のある時間配分を期日から逆算することによって、業務の工程が明確になります。

TOPへ戻る