仕事効率で悩んだら「段取り」を見直してみよう!

あなたの仕事の段取りを見直す手がかりが見つかる情報サイト

>

仕事を効率的に行う上で不可欠な段取りとは

段取りの意味するところを確認しておこう

例えば、歩いて10分かかる目的地に、5分前に出発していたのでは当然ですが、予定通りには到着できません。
歩く時間の10分を確保したうえで、10分前までに出発できるよう、必要な段取りを考えます。
この場合、出発するまでの一連の流れや準備すべきことなどを整理しながら、検討しますね。
多少大げさかもしれませんが、段取りとは試行錯誤する前にこうした過程や手順をあらかじめ把握して合理的に物事を進めるための手段を意味します。
この段取りは、仕事をはじめとしたあらゆる場面でそれらの取り組みをうまくこなすための切り口として重宝されています。
いまいち仕事がうまく進まないときの突破口として、段取りを見直してみてはいかがでしょうか。

段取り下手でマイナス評価とならないために

仕事がはかどっていない方々には、ある共通点が見受けられます。
それは、身の回りがきちんと整理されていない傾向です。
さしあたり机の周辺を見回してみましょう。
書類などが所かまわず置かれていないでしょうか。
机の引き出しに文房具品などを入れっぱなしにしていないでしょうか。
パソコンで必要なファイルのありかを把握できているでしょうか。
心当たりのある方は、まずは環境整備から手を付けることをお勧めします。

また、この傾向を生み出しているのは、仕事をするご自身の頭の中が整理されていないことも起因しているとみられます。
ご自身の頭の中で、優先順位をつけたり、取捨選択しながら、仕事の段取りを考える習慣作りから取り組んでいきましょう。


TOPへ戻る