仕事効率で悩んだら「段取り」を見直してみよう!

あなたの仕事の段取りを見直す手がかりが見つかる情報サイト

>

良い段取りに取りかかれる人は仕事ができる証!

良い段取りが良い仕事への橋渡しになる

仕事の段取りに取りかかる前に、先に仕事の目的を把握しておく必要があります。
取りかかるべき仕事にはどのような目的や意図があるのか、段取りに対応するレベルまで具体化しましょう。
例えば、イベントの開催であれば、宣伝広告を通じたターゲットへの訴求により自社の収益拡大を図るなどです。

このように仕事の具体的な目的を確認したうえで、段取りに取りかかることが成果を意識した仕事につながります。
それもできるだけ早めに取りかかることで、先々の仕事を有利に進めることができます。
その理由として、以下が挙げられます。
・仕事の所要時間などが把握できれば、実現可能性の有無が確認できる
・不明な点を早期に発見することができるので、その解消に取りかかることができる
・段取りの目途が早くつけば、他の仕事と並行して取り組むための予定が容易に立てられる
あくまで仕事の成果を上げるための手段として、良い段取りを目指しましょう。

段取り力を向上させるために必要なこと

段取りを遂行する能力は、そう簡単に身につくものではありません。
この能力を高めるために、必要なスキルを普段から意識して習得していくよう心がけましょう。
必要なスキルとして、コミュニケーションや情報収集に長けていることなどが挙げられます。
仕事をはかどらせる段取りは、そのすべてをひとりでできるとは限りません。
仕事の関係者とのやりとりを通じて、そのノウハウや知恵を得て段取りに活用することが求められます。

たとえ段取りに取りかかる対応力が不足していたとしても、あきらめたりする必要はありません。
スポーツなどと同様に、トレーニングを積むことで補うことができるため、良い段取りができるようになる余地は十分あります。
実践を積み重ねていくことで、段取り力は目覚ましく向上することでしょう。


TOPへ戻る