仕事効率で悩んだら「段取り」を見直してみよう!

あなたの仕事の段取りを見直す手がかりが見つかる情報サイト

>

なるべくゆとりを確保した日程で仕事の実行可能性を判断する

スケジューリングで段取りが可視化できる

スケジュールを組むことで日々にやるべき仕事のボリューム感を把握することができます。
どの程度の仕事があるのかがわからないまま、むやみやたらに仕事を進めようとしてもかえって非効率です。
それぞれの仕事にかかる所要時間を把握するとともに、期日が迫っている仕事がどの位あるのかを確認できれば、より効果的な時間のやりくりが可能になるでしょう。

日々の定型的な業務であっても、思ったよりも作業時間がかかることはよくあります。
この場合には予定との誤差をスケジュール調整するなど、管理を徹底することでその都度、柔軟かつ適切な段取りを行うことができます。
また、スケジュール調整の頻度が多くなるにつれて、その手間も大きくなります。
業務効率の点から見ても好ましくないので、場合によっては仕事の順序などを見直してみましょう。

実行の可否はシミュレーションを利用する

シミュレーションとは、実行する前に結果を予測、分析するために行われる実験を意味します。
シミュレーションを用いて、実際の仕事を仮定してみることで、無駄な経費をかけずにどの程度の成果が得られるかを確認することができます。
仕事のなかには、取り組む必要があるものと取り組むか否かが不確定なものがあります。
シミュレーションの活用は、取り組むかどうか検討中で実行の可否が明らかでないケースのときに大きな効果を発揮します。
また、仕事の規模が大きくなるにつれて、コストパフォーマンスが良いシミュレーションの活用も増えることでしょう。

仕事の目標達成のために実施したシミュレーションのなかから、予算や人員、期間などを勘案して最適な方法を取捨選択します。
シミュレーションを通じて、必要な段取りが絞られるので、労力も抑えることができます。


TOPへ戻る